×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

渡る世間は鬼畜ばかり

第7話「やさしくしよう」
いったい誰が誰にやさしくするのでしょう?

・危ないおじさん
南家の玄関に座り込む怪しいオジサン。
疲れきった顔で帰宅したチアキに声をかけてきます。
危ない感じです。
ところで小学生のチアキより早く家にいるって
この人なんの仕事をしているのでしょうか?
ますます危ない感じです。
その後、何も知らずに帰ってきたカナ。
その危ないオジサンを見るやいなや


危ない、こっちもギリギリです。

お着替えシーンでパン・・・。コハル先生、グッジョブです。

・無理っぽいけど優しくしよう
彼女達の話を聞く限り、このおじさんは南家の知り合いのようです。
なんでも彼女と別れたそうで


追い討ち

なので優しくしてあげよう、
追い討ちかけたけど優しくしてあげよう、と。
しかし・・・


君のせいだから

こんなの手におえないということで、
頼みのハルカが戻ってくるまで暖かく見守ることに。
ハルカが帰宅後、この危ない人が3姉妹のおじさんだと判明。

事情を説明するもハルカは夕食の用意をするといって逃げ出しました
それにカナちゃんも便乗します。
可愛い顔でパンチラしといて意外と薄情です。

・リターンオブ・・・・・・
羨ましいことにハルカの手料理を食べて元気を出したおじさん。
そこへ別れた彼女からの電話が。
もう一度話をするため、おじさんは出ていくのでした。

翌日、南家の玄関には痛々しいオジサンが座り込んでいました。


戻る