×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

保坂はすごい男なのかもしれない

第21話「守らなくては」
メインはハルカをめぐる保坂とマキのお話。
保坂は今まで見たことのない珍しいキャラ、
そのありえない思考に注目ですw。

・保坂、ありえないヤツ
女子バレー部の面々がハルカの家に遊びに行くことを聞きつけた保坂。
しかし、いたって冷静で自分が呼ばれないのも納得している様子。
以前から、気持ち悪いと言われてきましたが
どうやら保坂にも分別はあり、バカではないようです。
しかし、分別があろうと無かろうと普通じゃないのが保坂。


放課後までにハルカと友達になろうと決意します。
想定の範囲外です。

そしてシミュレーションに入る保坂。


どんなわけだ

たぶんお前の笑顔は気持ち悪い、と思う・・・。

・速水の本性
実は今回の事件のきっかけだった速水。
マキに事の次第を聞くとこの表情です。


まさか初めて目を開くのがハルカのピンチをおもしろがってとは・・・。
どうやら速水は『みなみけ』史上、最も危険な人物のようです。

さらに「おもしろい人がいるよ」とハルカを誘い出す速水。
もはや確信犯に違いありません。
でも、保坂はおもしろい人じゃなくておかしな人だと思います。 by管理人

・マキの苦労
どうやればそういうシミュレートができたのか、
保坂の行きつく先で多大な迷惑を被ってしまったマキ。
あの後、どうやってハルカの誤解を解いたのか気になります。
きっと誤解を解くうち、放課後になって保坂の野望を打ち砕いたと思います。
マキもマキなりに大変なんですねw。

・一人勝ち?
話がおもしろいことになって満足したと思われる速水。
周りを思い通りに動かすその手腕は侮れません。
被害者にとっては迷惑極まりないことですが・・・(笑)


戻る