×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第53話「誰だっけ」

今回は、内田の忘れ去られし事実が明らかになる悲しいお話。
例の悪女こと速水に一杯盛られ、暴走を始めたチアキ。
その異常なテンションに笑顔は限界を突破し、
内田には悲劇が襲いかかります。
チアキの超絶な一面が見られますし、内田ファンにもオススメです。
それにしても、ユカって可愛い名前ですよね(←誰?

内田たちの笑い声でハッと目を覚ますチアキ。
以前にも見たことがある光景。
具体的に言うと第31話「あったかい所」の冒頭で見たような気がします。
でもまぁよくあることですよ、デジャヴなんて。

というわけで、桜吹雪が舞ういつもの季節がやって来ました。
春の暖かさに活気づくバカ野郎たち。
それを見て手に負えないと思ったチアキ。「(もうほっとこう)」
「ハルカ姉さま」と言ってる時点である意味
境地に達していると思われたチアキですが、さらなる悟りを開いたようです。

そこへいきなり入って来たのが速水先輩。
ハルカ姉さまの先輩だし、まともだと思ったのか
チアキは彼女に助けを求めます。
しかし、それは世紀の勘違い。
そもそも突然入ってくるような奴がまともなわけありません。

速水は助けを求めてくる、いたいけな(?)美少女を瞬く間に掌握。


あれ、またデジャヴ!?

いつかの高級ジュースですね。(マテ

突然、妙なテンションで内田に突っ込んだチアキ。
この異常な状況に、春に後押しされた三バカ(カナ・マキ・内田)は唖然です。
チアキも徹夜明けにはこんなハイテンションになるんでしょうか。

すぐに速水の仕業と気付くカナ。
この状況把握は流石、
他の二人とは一線を画すバカ野郎です(←どっちにしろバカ野郎

そんなチアキを抱きかかえるカナ。


かわいいw

仲良し姉妹って感じですごく可愛いですw

しかし、未だ妙なテンションで見切り発車を続けるチアキ。


衝撃にして笑劇の展開

カナ「いきおいのついたチアキは普段できない質問をしたね!」
マキ「してはいけない質問じゃない?」
冷静に傍観してる場合じゃないでしょ。
いや、冷静なのは大事ですけど。

ハルカにバレないため。
そこで速水が提案します。


ツインテールチアキ

こんなチアキもかわいいw
普段見れない満面の笑みが、さらに可愛さを増してます!

しかし、振り向いたらバレるってなんという作戦を。
速水「両側から固定すれば・・・・・・・・」
カナ「それやると脳ミソがふたつに割れちゃうんだよ」
右脳と左脳を知らんのですか。

さらに興奮して、ユカにだけ絡むチアキ。


いいぞ、もっとやれ!

遂には自滅し、眠りこけてしまいます。
寝顔も可愛いのですよ!

翌日。たぶん翌日。
学校でチアキにユカって誰か聞かれるユカ。
そいつにひどい目にあわされたというチアキの記憶には
やってないピーマンのいやがらせが増えていました。

結局、誰のことか思い出せなかったチアキ。


がんばれユカ!応援してるから!

あと可愛いよユカ。


戻る